一般社団法人長野県獣医師会

文字サイズ

お知らせinformation

犬猫のマダニを予防しましょう

マダニ

近年、マダニが媒介する疾患による人的被害が増加しています。犬・猫も同じマダニに感染します。予防はお近くの動物病院にご相談ください。

がん予防を実現しよう

【岐阜大学よりがん予防試験への協力のお願い】 岐阜大学の試験依頼メッセージ

岐阜大学付属比較がんセンターでは、がん予防プロジェクト(指定ドッグフードを与える試験)に参加する飼い主の方を募集しています。試験対象となる犬種と年齢は下記の通りです。ドッグフードは岐阜大学から送付されます。

  • ゴールデン・レトリバー:4-6歳
  • ラブラドール・レトリバー:4-6歳
  • バーニーズ・マウンテン・ドッグ:3-6歳

ご協力いただける方は、お近くの動物病院または長野県獣医師会へお問い合わせください。

台湾における狂犬病の発生について

長らく清浄地域であった台湾において、野生のイタチアナグマの狂犬病が確認されました。これにともない、台湾からの犬等の輸入検疫の対応が変更となっております。詳細情報は農林水産省および厚生労働省のウェブページをご覧ください。

高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)の発生について

家畜伝染病等伝染性疾病に関する基本協定

長野県獣医師会は、平成25年6月10日に長野県と「家畜伝染病等伝染性疾病に関する基本協定」を締結しました。

この協定は、日本獣医師会の活動理念である「動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い」に基づく獣医師会活動の一環として、長野県内で鳥インフルエンザなどの伝染性疾病が発生した場合の危機管理体制を強化して、県民の健康被害防止と農畜産業の経営安定を図ることを目的としています。

協定の締結により長野県獣医師会は、伝染性疾病の発生時において県から要請があった場合には県が行う伝染性疾病の診断や防疫措置の補助、並びに伝染性疾病が感染する可能性がある動物の飼育者に対する情報提供等を行います。

求人情報

求人情報

長野県獣医師会会員病院の「獣医師」「動物看護士」「トリマー」の求人情報を掲載しております。

PDFファイルをご覧ください。